■Title;VACUUM

■Statement;
Living in Tokyo, I feel like I've always been in a big box.
I've been living in Tokyo for almost two decades, and it's a feeling I've always had.
Growing up in a rural town, my perception of space was confined to the buildings.
Outside, I could see the mountains in the distance, the trees in the foreground moving slowly in the wind, and the cars on the road were small.
There is no perception of space, it's just the landscape in front of me.

On the other hand ,Tokyo is a collection of small overlapping spaces.
Spaces are separated from each other by clear boundaries, and we can be aware of spaces even where there are no buildings.
Perhaps that's why you feel like you're constantly indoors when you're outdoors.

Within that stable, populated space, there are moments when I stop.
It could be when I feel a gust of wind blowing between buildings, or when
That's when I experienced the light that reflected off the glass surface of a building during the day and turned a "shade place" into a "sunny place".
It was only a momentary event, but there was a force of nature transformed into an urban space, as if it had suddenly blown out of the sky.

Although partial, the series VACUUM captures natural objects in the city by gathering light and wind.
It's a sense of perceiving nature not as beautiful or frightening, or as an object, but as an experience.
It is an intuitive, integral, savage, wild physical sense.
■タイトル;VACUUM

■ステートメント
東京で生活していると、大きな箱の中にいる気がしてならない。
20年ちかく東京で生活していて、ずっと持ちつづけている感覚だ。
田舎町で育った私の空間の認識は、建物の中だけにあった。
外に出ると、遠くに山々が広がり、その手前の木々は風でゆっくりと動き、
山道を走る車は小さく見てとれる。
そこには空間という認識はそもそもなく、それは、ただ、目の前にひろがる風景だ。

一方で、東京は小さな空間の重なりで出来た集合体だ。
明確な境界でスペースとスペースを区切り、建物が建っていない場所にも空間を意識する事が出来る。
屋外にいても、絶えず室内にいるような感覚は、おそらくそのためだろう。

その安定した人口空間のなかで、時折、立ち止まってしまう瞬間がある。
それは、ビルの間から吹き付けてくる突風を感じた時や、
日中、建物のガラス面を反射して、日陰をひなたに変えてしまう程の光を体感した時である。
ほんの一瞬の出来事であるが、そこには都市空間に変形された、突如吹き出してきたかのような自然の力が存在する。

局部的ではあるが、シリーズ「VACUUM」は、光と風を集めて、都市の中の自然物を捉えたものだ。
それは、自然を美しいとか、恐ろしいとか、対象として捉えるのではなく、体感的に捉える行為でもある。
直感的で一体的、野蛮な、野性的な身体感覚というべきか。
そしてこれは、野生の知覚をもっていたいという都市生活者の個人的な思いでもある。

⬆︎